地上レーザー計測

3次元レーザースキャナを用いて非接触計測による高精度な3次元データを取得します。


・文化財計測

従来のトータルステーションでは計測が困難である石垣や、触れることが許されない文化遺産などの計測において短時間で高密度な点群データを取得することができます。



・危険箇所計測

人の立ち入ることが困難な危険な災害現場などで遠くからレーザーを照射することによって、安全に対象範囲の三次元点群データを取得することができます。



・大型構造物計測

堰堤などの大型構造物も地上型レーザースキャナであれば形状のデータ取得が短時間で容易に行えます。



取得したデータは解析ソフトで体積・表面積の計算や、等高線・縦横断図等の作成ができ、CADやGISデータへの利用が可能です。